Ashtakaプレス、各種オプション

 

1.    ゴム敷き仕様

100mmx200mmxmmの、片面に両面テープのついたゴムを、2枚、並べて貼り付けます。

今までは1枚モノを貼っていましたが、クリアボトルが吸盤のようにくっついてしまうため、中央で分割しました。

 

メリット、ガラスビンが割れにくくなる。

ボトルでこすることによってできる合板の削れ、傷を防ぐことができる。

 

デメリット、ボトルを横へ動かす時、抵抗になる。

 

使って見てから、ご自身での貼り付けをされたいのであれば、同梱して発送します。

オプションを選択時、申し出て下さい。

同梱の申し出がない場合は、貼り付けて納品します。

   

 

2.    穴あけロッド、押えプレート、プッシャー

プレス部を外して、このロッドを付ければ、ボトルへの穴あけが簡単に出来ます。

ロッドは、アルミ製です。

押えプレートとプッシャーはステンレス製です。

ボトル口元直径75mm以上、菌糸深さ100mm以上、にしか使用できません。

一番上にあげた時の高さは、ゴム無で175mmです。(ゴム付170mm)

高さ165mm以下のボトルの方が、使いやすいです。

高さ185mm程度までは、使えなくはないです。

空く穴は、口元でφ15mm程度です。

プッシャーを使わなくても穴は簡単に開けられますが、抜く時に力が必要です。

プッシャーを押しながらハンドルを回して、ロッドを浮かせた後、プレートを軽く指で押えて、レバーを上げると簡単に抜けてきます。

くれぐれもプッシャーだけで上げようとしないで下さい。

堅くて動かないだけでなく、無理に力を入れると、歯車を傷める可能性があります。

 

ご希望の人数が多い時のみ作製しますので、集まるまでお待ちいただくことになります。

セットでも、単品でも、ご予約いただけます。

予約されないと、いつまで経っても集まりませんので、気になる方はご連絡下さい。

   

参考記事:穴あけロッド新たなる試作、第2弾

  

    

 

 

 

3.    Φ53プレス部、Φ88プレス部

Type−2の時から、微妙に直径を大きくしてあります。

標準で付属しているプレス部はΦ68のみです。

Φ53の面積の1.65倍がΦ68です。

その1.66倍の面積が、Φ88になります。

詰める面積が増えた分、圧力は下がります。

 

Φ53は、少しでも堅詰めしたい方にお勧めです。

800ccボトルの口径でも気を使うことなく入れることができます。

 

Φ88は、1400ccのボトルを、緩めに素早く詰めたい方にお勧めです。

800ccのような口元径90mm以下のボトルには使えませんので、ご注意下さい。

ボトル最大直径と口元内側直径の差が60mmまで使用できます。

3000ccのような肩口の大きなボトルでも、重宝しそうです。

オオヒラタのような種を飼育されている方にはもってこいかもしれません。

 

ご希望の人数が多い時のみ作製しますので、集まるまでお待ちいただくことになります。

予約されないと、いつまで経っても集まりませんので、気になる方はご連絡下さい。

 

参考記事:新たなる試作Φ85プレス部、補足

 

写真は、Type-2の時のモノ。微妙に形状を変えています。

 

 

4.    省プレス仕様

ガイドパイプを使い、φ76平プレス部で一気に詰めることができます。

投入穴空け付プレス部ほど厚みがありませんので、菌糸がプレス部上部に乗りやすいです。

神長さんの800ccPPボトルや、EXCEEDさんの800cc、オオクワキングさんの800ccクリアボトルなど、口径は77mmのボトルで使用できます。 

DOSさんのクリアボトルは、口径が77mmのものと75mmのものがあるようです。

75mmのボトルには、使用できませんのでご注意下さい。

 

 

ガイドパイプをPPボトルにセットし、菌糸を入れ、φ76平プレス部で一気にプレスします。

Type−20S(旧Type−3)では、ストロークが足らないため、ワンプレスは出来ませんが、2〜3プレスで詰めることが出来ます。

Type−20Sで使用する際は、力の入れすぎに、ご注意ください。

力を入れすぎと、ラックの摩耗を早めます。

摩耗を早めても、詰める作業が早くなればいいと割り切って、私は使っています。

 

 

 

5.    投入穴空け付プレス部

ガイドパイプを使い、幼虫投入用穴を空けつつ、一気に詰めることができます。

神長さんの800ccPPボトルや、EXCEEDさんの800cc、オオクワキングさんの800ccクリアボトルなど、口径は77mmのボトルで使用できます。 

DOSさんのクリアボトルは、口径が77mmのものと75mmのものがあるようです。

口径75mmのボトルには、使用できませんのでご注意下さい。

 

 

800ccPPボトル用、初2令投入穴空け付プレス部

 

 

800ccPPボトル用、♀3令投入穴空け付プレス部

 

 

Type−20S(旧Type−3)で使用する際は、力の入れすぎに、ご注意ください。

力を入れすぎと、ラックの摩耗を早めます。

摩耗を早めても、詰める作業が早くなればいいと割り切って、私は使っています。

 

 

Type−25S(旧Type−SSS)専用として1400cc用も用意しました。

(Type−20Sでも使用できなくもないですが、丸ラックの摩耗をかなり早める上に、緩詰めしかできません。)

 

 

1400ccPPボトル用、♂3令投入穴空け付プレス部

 

 

 

3種類並べてみました。

 

 

 

各オプションの価格は、本体価格と合わせて、メールフォームよりお問い合わせ下さい。

よろしくお願いします。

 

inserted by FC2 system