Ashtakaプレス、バリエーション

 

Ashtakaプレス、Type20S (Type-3)

(丸ラック20mm、シングルフレーム)。

理論圧縮率、12倍。

最大荷重、約450kg。(手押力、38kg時)

(丸ラック許容荷重、326kg。歯車許容荷重、222kg)

製品重量、約8kg

 

 

Ashtakaプレス、Type25S (Type-SSS)

(丸ラック25mm、シングルフレーム)。

理論圧縮率、25倍。

最大荷重、約900kg。(手押力、36kg時)

(丸ラック許容荷重、510kg。歯車許容荷重、456kg)

製品重量、約15kg

 

 

Ashtakaプレス、Type30T

(丸ラック30mm、ツインフレーム)。

理論圧縮率、25倍。

最大荷重、約1300kg。(手押力、52kg時)

(丸ラック許容荷重、735kg。歯車許容荷重、630kg)

製品重量、約20kg

 

 

許容荷重とは3倍程度の安全率が含まれています。

許容荷重とは、ずっと安心して使える荷重です。

人の力は安定しませんので、最大荷重も併記しました。

限界で設定するのも問題あると思い、最大荷重は歯車の許容荷重の約2倍としています。

それに耐えられる構造にしてあります。

ただし、詰める荷重が大きいほど、摩耗も大きくなりますのでご注意ください。

 

今後は、この3種類のバリエーションで、進めていきます。

Type20Sは、年に12回(4月、11月)に製作しますが、Type25SType30Tは、不定期です。

必要最低限の製作人数が揃ったら、随時製作していきます。

 

 

 

オプション

・ゴム敷き。

・穴あけロッド(数が集まらないと製作できません)。

・φ53プレス部(Type20Sのみ)。

・φ68プレス部(Type20Sは標準付属)。

・φ88プレス部。

PP800用ガイドパイプ(Type20S用はショートタイプ)(Type25SType30Tは標準付属)。

PP800用φ76平プレス部(Type25SType30Tは標準付属)。

PP800用♀初2令用穴空け付φ76プレス部。

PP800用♀3令用穴空け付φ76プレス部。

PP1400用ガイドパイプ(Type20S用はショートタイプ)。

PP1400用φ99平プレス部。

PP1400用♂3令用穴空け付φ99プレス部。

 

 

工具、油等は付属しません。

 

 

 

inserted by FC2 system